審美治療

審美治療とは

審美治療とは

審美治療とは単に歯を綺麗にするというだけでなく、歯や歯茎を健康にし、口腔内全体を健康的に美しくする治療です。歯に不具合が出るのには必ず理由があります。
当院では、管理や掃除がきちんとできないのに歯だけを白く綺麗にしたいというのではなく、口腔内の機能と清掃や管理がしっかりとでき、不具合部分の改善をした後、歯を白く綺麗にする審美治療を始めます。

審美治療にはさまざまな治療方法がありますが、自然な見た目を提供できる方法を第一に考えています。

審美治療のメリット

口元の美しさは第一印象に大きな影響を与えます。
白く美しい歯になると印象がよくなるため、笑顔に自信がつきます。
また、自分自身のモチベーションをあげることにも繋がるため、今まで以上に歯を大切に使い、しっかりと管理することができるようになります。
アメリカでは白い歯は身だしなみの1つとされているので、海外での人間関係にも有効です。

ホワイトニング

ホワイトニング

歯はもともと真っ白ではなく、わずかに黄ばんだ色をしています。
食習慣や加齢により徐々に黄ばみが加速しますが、その歯の黄ばみを削らず白くする方法がホワイトニングです。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があり、これら2種類を併用することで、さらに効果を持続させることができます。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行います。白くしたい歯に薬剤を塗り、特殊な光を当て短時間で歯を白くします。

オフィスホワイトニング後の注意点

歯の表面は被膜で覆われていますが、ホワイトニングを行うとこの被膜は除去されてしまいます。12~24時間かけて再生されますが、それまでは歯の表面は着色しやすい状態になっていますので、ホワイトニング後は1日程度、色の濃い食べ物や飲み物の飲食や喫煙は控えてください。

ホームホワイトニング

自宅で行います。マウスピースと専用の薬剤を使用し、好きな時間に行う方法がホームホワイトニングです。

毎日2時間以上2週間かけてゆっくりと歯を白くするため、後戻りが少ないのが特徴です。

ホームホワイトニング後の注意点

マウスピース装着時には、飲食、喫煙はしないでください。また、ホームホワイトニングは最低2時間以上連続で行うようにしてください。装着時間は、唾液があまり出ない就寝中をおすすめします。
歯にしみる時は毎日使用せずに、2、3日~1週間に1回行い、時間も短くしてください。
慣れてくるまで2、3日間しみる感じはありますが、徐々に消えますので心配しないでください。
ホワイトニング中に、歯が痛い、歯茎が痛い、のどが痛いなどの症状が現れた場合はすぐに中断し、傷みがなくなってから再開してください。時間をおいても痛みが収まらない時は当院にご連絡ください。

セラミックなどの審美治療関連

ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯の表面を0.5mm程度削り、その上に薄いセラミックを付け爪のように張り付けてしまう方法です。
適応症としては、歯の黒ずみや前歯にすき間が空いている場合です。このような場合にはホワイトニングでは効果が期待できないため、この方法が有効です。

ラミネートベニアはセラミックスでできていて、天然歯のエナメル質に近い硬さと強度をもっています。かなりの衝撃を受けない限り、欠けたりすることはありません。変色や変質もなく天然歯に近い自然な色を出すことができます。

ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウンとは、歯の全体を約1~1.5mm削り、その上にハイブリッドセラミックの被せ物(クラウン)で歯を覆うといった、歯にかぶせる方法です。主に神経がない奥歯に使用します。
素材はプラスチックと陶材を混合した被せ物で、セラミックほど透明感はないですが、硬度は天然歯に近いため優しい素材です。
硬すぎるというセラミックの欠点を改良した素材で、咬む力がかかる奥歯に最適で、ブリッジ法にも適応します。また、歯の質感・色などを合わせやすく、歯の形・大きさの変化にも自由に対応できるため、とても自然に仕上げることができます。

ジルコニアハイブリッドセラミッククラウン

ジルコニアハイブリッドセラミッククラウン

奥歯に対して摩耗できるよう、また歯の内部にある神経を保護するために、刺激を遮断するジルコニアのフレームの上にハイブリッドセラミックをつける方法です。主に神経がある奥歯に使用します。

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウン

主に前歯に使用します。
光が透過するため審美性に優れ、変色がしづらい素材です。歯の質感・色などを合わせやすく、歯の形・大きさの変化にも自由に対応できるため、とても自然に仕上げることができます。

e-max(クラウン)

e-max(クラウン)

審美性と耐久性を兼ね備えたセラミック素材です。主に前歯に使用しますが、奥歯にも使用できます。
強度が高く天然歯に近い摩耗性があるため、対合する歯が天然歯でも傷めることのない優しい素材です。

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレー

むし歯治療などで取り除いた歯の部分に、詰め物を行う治療をインレー法といいます。
ハイブリッドセラミックインレーは従来の金属素材のものでなく、天然歯と変わらない、色・硬度のハイブリッドセラミックを用いて、白く自然な歯を作り出す方法です。
プラスチックと陶材を混合した素材で色彩の調整ができるため、ご自身の歯と同じ色に合わせることが可能であり、また硬度も天然歯に近いため優しい素材です。
金属の詰め物が気になる方や、むし歯治療をした部分を埋める場合に用います。
セラミックインレーは、ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさが蘇ります。

【話す】ことから当院の診療は始まります。
まずは、お気軽にご相談ください。

  • 【話す】ことから当院の診療は始まります。まずは、お気軽にご相談ください。受付時間 10:00~13:00 / 15:00~19:00 045-894-3379
  • 045-894-3379 受付時間 10:00~13:00 / 15:00~19:00
pagetop