一般歯科

「痛くない、削らない、抜かない」トリプル低侵襲むし歯治療

当院では、できるだけ予防に注視し、進行を抑え現状を維持する治療に重きを置いています。

  • 定期検診の重要性の説明
  • 歯の使い方の指導
  • 唾液の必要性やキシリトールガムの推奨

を行い、健康な歯を長期間維持するためのセルフケア方法のアドバイスをしています。

歯を抜くことなく、天然歯を長期間保持するためには、「自分自身でしっかりとケアする」ことが重要となります。

痛み回避のメソッド

痛み回避のメソッド
歯茎に塗る表面麻酔を使用

痛みに敏感な方には、まず事前に歯茎の表面に麻酔薬を塗布することで、麻酔の注射をする時の痛みを緩和します。

極細の注射針(33G)を使用

極細の注射針を使用しています。非常に細い針なので刺してもほとんど痛みを感じません。

電動注射器を使用

注射時の手ぶれも痛みの原因となるため、当院では薬液の注入量をコントロールできる電動注射器を使用し、注入時の痛みを抑えています。

専門的な麻酔針の刺し方

痛みを感じにくいポイントにゆっくりと麻酔針を注入するので、痛みはほとんどありません。

削り回避のメソッド(ミニマルインターベンション)

治療時に削る必要が出た場合も、できるだけ小さく削ります。また、接着をよくする充填剤を使用することで、必要以上に削る必要がなく、小さい面でもしっかりと詰め物を接着することができます。

抜歯回避のメソッド

歯が割れたり不具合が起こったりして、抜歯しなくてはならない状態を回避するためには「力のコントロール」が重要になります。
弱い歯にダメージが加わらないように、マウスピースを利用し夜間の歯の食いしばりをコントロールすることや、日中の歯の食いしばりを意識的に回避させ、歯に加わる力をコントロールし、歯に負担を欠けないようにすることが抜歯を回避するポイントになります。

フェイシャルケア

リンクルセラピー

リンクルセラピー

歯医者で手軽に行うことのできる、口周りを中心としたフェイシャルケアです。
ほうれい線やしわのケアだけでなく、あごのたるみや顔全体の筋肉の引き締めも行います。
エレクトロポーションという技術で美容成分を肌深部にダイレクトに浸透させ、同時にお顔の筋肉を引き上げ・引き締めます。

リンクルセラピーの美容成分

プラセンタ・・しみやたるみ
ヒアルロン酸・・ハリと弾力
ビタミンC・・メラニン生成の抑制
アスタキサンチン・・メラニン色素の沈着や生成の抑制、活性酸素除去

【話す】ことから当院の診療は始まります。
まずは、お気軽にご相談ください。

  • 【話す】ことから当院の診療は始まります。まずは、お気軽にご相談ください。受付時間 10:00~13:00 / 15:00~19:00 045-894-3379
  • 045-894-3379 受付時間 10:00~13:00 / 15:00~19:00
pagetop