歯周病治療

  • HOME
  • 歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは

特に35歳~44歳の人ではおよそ81%、45歳~54歳では85%の人が、歯周病を発症しています。ほとんどの大人が程度の差はあっても、ほとんどの大人が歯周病にかかっているといっても過言ではありません。(厚生省歯科疾患実態調査1993年より)

歯周病は、歯を失う大きな原因の1つです。特に40歳あたりからは、歯周病の比率が高くなっているため注意が必要です。

日本人成人の約80%が歯周病を患っています

日本人成人の約80%が歯周病を患っています

「むし歯がないから安心」と思っていませんか?
歯周病は、症状のある・なしにかかわらず、ほとんどの人が菌を保有しています。
そのためむし歯がないと、逆に歯周病の菌を溜め込んでいる可能性が高い場合があります。
歯周病は成人になってから発症しますが、むし歯がないからといってしっかりと管理を行っていないと気づいた時には大変な状態になってしまうため注意が必要です。

歯周病の症状

初期・中期の段階では症状はなく、下記のような症状が出た場合は歯周病がかなり進行しています。

  • 出血
  • 膿が出る
  • 歯がぐらぐらする
  • 口臭がある
  • 熱がでる

歯周病を初期段階で見つけるためには、歯科医院で歯肉の状態を確認してもらうしか方法がありません。

早期発見のためにも、定期検診で保有している歯周病菌の現状をしっかりと確認してもらうことが大切になります。

定期検診で初期の歯周病が見つかった場合

症状が出ていない初期段階では、状態を維持し発症予防のため、患者様の食習慣、生活習慣を確認し、口腔内の状態を健康にするためにブラッシング指導を行います。
定期検診を受け、医師のアドバイスに基づきケアを続けることで、歯周病菌の発症を抑え、健康な状態を維持することができます。

むし歯や歯周病の予防は、歯磨きだけでは不十分です

むし歯や歯周病の予防は、歯磨きだけでは不十分です

歯周病の予防には食習慣や生活習慣が大切になります。
当院でおすすめしている予防方法は「100%キシリトールのみでできているガムを噛む」ことです。
唾液をしっかりと出すことは口腔内の循環をよくすることに繋がるため、1歳半のお子さまからご高齢の方まで、キシリトールガムもしくはキシリトールタブレットを噛むことを推奨しています。
※キシリトールでお腹を壊す方は、量を減らしても大丈夫です。

歯周病が妊婦に与える影響(心疾患、脳卒中、動脈硬化も)

歯周病が妊婦に与える影響(心疾患、脳卒中、動脈硬化も)

炎症性の物質や細菌が口腔内の血管から体内に入り炎症が起きることで、死産・早産・流産など、妊婦の体に大きな影響を起こす場合があります。

また、血管の中に菌が入ると動脈にプラークを作るため、心疾患や脳卒中、動脈硬化を引き起こす原因にもなります。

歯周病はただの口腔内だけの病気だと思わずに、全身に多大な影響を及ぼすため、自分自身の健康のために、歯周病治療を行うことは特に大切になります。

歯周病と糖尿病の負のスパイラル構造

歯周病と糖尿病の負のスパイラル構造

歯周病になると、炎症性の物質が全身に流れ込み脂肪細胞に働きかけるため、インシュリンに対しての抵抗性(血液から細胞に糖を取り込めなくなる状態が加速すること)ができてしまいます。
糖を取り込めなくなると、そのまま血液中に流れ続けるため高血糖になります。

逆に糖尿病の方も、高血糖状態が続くと全身の抵抗力が落ち、細胞の機能が正常に働かなくなるために細菌が発生しやすくなり、歯周病が悪化してしまいます。
そのため、糖尿病の持病をおもちの方は、歯周病の治療も同時進行で行う必要があります。

一般的な歯周病治療

一般的な歯周病治療

口腔内にはむし歯菌や歯周病菌などの細菌がいます。この細菌が結合すると、粘着性のあるバイオフィルムとなります。このバイオフィルムは歯の周りを覆い、これにプラークが付着すると、むし歯や歯周病を引き起こします。

当院では、歯周病の治療を行う際には、口腔内だけでなく全身の健康が口腔内の健康に繋がること、体力をつけることが全身の抵抗力をつけることに繋がることなど、さまざまな角度からトータルでアドバイスをしています。

歯石やバイオフィルムを除去するPMTC

PMTCは専用器具を使った、プロによる歯のクリーニングです。
歯の表面のざらざらした汚れや、歯周ポケット内側の歯の根の表面に付着している歯石・バイオフィルムを完全に取り除くことができます。
除去後は、フッ素入りジェルで歯のコーティング&トリートメントをします。
除菌効果もありますので、むし歯や歯周病予防にも適した治療です。

ルートプレーニング

歯周ポケットの奥に付着しているプラークや歯石を取り除き、歯の付け根の部分を硬く滑らかに仕上げる治療です。
普段のブラッシングだけでは歯周ポケット内の汚れを全て取り除くことはできません。そのために奥深くにあるプラークや歯石を取り除き炎症を消失させ、浅い歯周ポケットに改善し、細菌や歯石を取り除くことで、歯肉の再付着を促進させることができます。

外科処置(重度歯周病)

歯周病が進行してしまった場合には、歯茎を切開し、歯周ポケット奥の治療器具が届かない場所に付着しているプラークや歯石を直接除去します。

【話す】ことから当院の診療は始まります。
まずは、お気軽にご相談ください。

  • 【話す】ことから当院の診療は始まります。まずは、お気軽にご相談ください。受付時間 10:00~13:00 / 15:00~19:00 045-894-3379
  • 045-894-3379 受付時間 10:00~13:00 / 15:00~19:00
pagetop